愛車【MR2】へのこだわり・想い・そして履歴…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Vブレーキ交換 その2

amazonからブレーキワイヤーが届いたので作業の続きを行う。

まずは外したブレーキワイヤー
アウターワイヤーが2分割になっている。
_MG_8397.jpg

こちら側がブレーキレバー側
先端の形状が自転車によって値がので注意が必要。
知らなかった私は適当に買って失敗する所だった。
商品説明なども詳しく載っていなくてよくよく調べてやっと分かったものだ。
_MG_8398.jpg

こちらがエンド側
切っているせいでワイヤー購入と相成った
_MG_8399.jpg

購入したワイヤーとインナー・アウターワイヤー
もっと大きく巻いてあると思ったけどかなり小さく巻かれていた。
(直径100mmほど)
_MG_8400.jpg

先ほど言ったレバー側のワイヤー形状。
MTB用はこんな形状。
_MG_8403.jpg

これはキャリパー取り付け部のピン
これが重要な役目を果たす。
これを負ってしまったことでキャリパー交換となった部品。
_MG_8405.jpg

この穴に先ほどのピンを刺す。
_MG_8406.jpg

ワイヤーエンドをレバーに取り付けた所
_MG_8407.jpg

ワイヤーをフレームに沿わせていく
_MG_8408.jpg

この部品は「リードパイプ」
ワイヤーを定位置に曲げて持っていくための部品。
この部品は再利用。
_MG_8412.jpg

リードパイプをキャリパーに取り付け
_MG_8418.jpg

シューの隙間を見ながらワイヤーエンドの長さを調整する。
_MG_8419.jpg

一度ブレーキレバーを引きシュートリムの隙間が左右違う時は
キャリパーについているこのネジで左右対称になるように開きを調整する。
調整時、ネジは少しずつ廻しながら調整する。
_MG_8420.jpg

調整が終われば借り締めしていたボルトを締め込み動作確認を行う。
_MG_8424.jpg

結果は怖いくらいの効きとなった。
力を加減すればロックすることはない。
さて、明日の走行が楽しみだ。

作業は夜の9時頃から初めて約1時間を要してしまった。
次回同じ作業をする時は15分で出来ると思う。




スポンサーサイト
2011-09-08 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まっぴ~

  • Author:まっぴ~
  • ■愛車:MR2 GT
    ■趣味:飲酒・PC
    ■性格:こだわり派
    ■住所:福岡県
    ■一言:やっぱMR2はⅠ型でしょ!

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。