愛車【MR2】へのこだわり・想い・そして履歴…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ワイパーアーム

SW20 Ⅰ型のワイパーアームとワイパーブレードの接合方法はビス止めだ。
昔のトヨタ車ではこの方法が採用されていた。
しかし、最近ではほとんどのワイパーアームが「U字」フックとなっており
ブレードもU字フック対応の物だけになってしまった。
ビス止めのワイパーアームの場合は変換アダプターで対応する形になる。
変換でもいいのだが前のワイパー交換の時にそのアダプターがブレードのスポイラーに当たって
削らないと装着できないと言うことがあった。
その様な不具合に合わないためにもU字フックワイパーアームが欲しかった。

しかし、ワイパーアームは車種別設計で流用できそうにない。
諦めていたところある情報が入った。
SW20は2型の中期(俗に言う2.5型)からワイパーアームがU字フックになっているという。
さすが10年間製造されていただけはある。

その事を再訴確認し、オークションで探すことに。
すると500円で出品されている。
画像を見る限りでは錆もなくよい感じだ。
他は誰も入札することがなく500円で落札できた。
送料800円で合計1300円。
そしてワイパーアームは送られてきた。
_MG_7580.jpg _MG_7584.jpg

写真では良い感じに見えるが実際にはよく写ってなかったりでひどい場合も多い。
その辺を覚悟しながらエアキャップをから取り出す。
_MG_7588_1.jpg

オークションの写真のとおりかなり良い状態。
アームに錆は見当たらない。
_MG_7590.jpg
_MG_7593.jpg

残念なことに片方のU字フックの先端にだけ錆があった。
_MG_7592_1.jpg
これは想定内のこと。
浮いた錆をコンパウンドで除去し残っていたトヨタBLACK202の缶スプレーで塗装すると
全く分からない状態に。

通常ならそこで装着となるところだが私はそれでは終わらない。
多少白く粉を吹いたような状態の塗装面。
これにコンパウンドをかける。
あまり違わないだろうなと思いながら作業を終えるとかなりの違い。
写真でお分かりになると思う。
_MG_7602.jpg
_MG_7599.jpg

そうと分かればすべてのアーム部分をコンパウンドで磨き上げる。
ほぼ新品状態だ。
更にここでその塗装状態を維持するためにコーティングをする。
以前買ったファインクリスタルという安いガラス系コーティング材を施工。
これで装着準備は完了だ。

あとはワイパーを買うだけ…
その買うだけがなかなか出来ないのだが(汗)


スポンサーサイト

テーマ : トヨタ MR2
ジャンル : 車・バイク

2011-08-07 : エクステリア : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まっぴ~

  • Author:まっぴ~
  • ■愛車:MR2 GT
    ■趣味:飲酒・PC
    ■性格:こだわり派
    ■住所:福岡県
    ■一言:やっぱMR2はⅠ型でしょ!

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。