愛車【MR2】へのこだわり・想い・そして履歴…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

カーナビバック配線

久々のカーオーディオネタ。
全然大した事ではないんだけど…

の出来事の時
カーペットを剥がした時発見したことがある。
それは…

「カーナビのバック配線」がされていないこと。
オーディオ屋の兄ちゃん、横着したなと苦笑い。

その時はナビの現在位置が少しずれるだけだと放置していたが
いろいろ物色しているうちにバックカメラが欲しくなった。
ドアミラー自動下降装置とどちらか迷ったがカメラの方がはっきりと確認出来
後ろの死角もなくなるだろうとカメラに決定。

そんな訳でまずは下調べ。
不確かな情報を元にカーナビの取説をネットで探す。
さすがPanasonic。昔のモデルもしっかりpdfの取説データがある。
中身を見て自分のモデルを探し出す。
2004年製の【CN-HDS930MD】と言うモデル。

配線図を確認
カーナビから来ているバックランプ接続用の線をバックランプの配線に割り込ませれば終了。
説明書の内容を充分把握し確認の意味でPanasonicの問い合わせセンターに電話をする。
声のかわいい女性が出たので多少不安もあったが古いモデルにも関わらず
サクサクと説明してくれて頼もしかった。
説明してくれた内容が自分の思っていることと一致したため作業続行だ。

ただ、ここで問題発生。
普通の車なら大した苦労もなくバックランプの配線をコンソールまで持って行けるだろう。
しかしこの車はMR2だ。
室内とリアは完全に隔壁で仕切られている。
サイドのボディー沿いを通そうと試みたが線は通らず。
仕方なく昔ブースト計を取り付けるために通した穴を使用することに。
配線がエンジンルームを通るのであまりやりたくなかったが方法がこれしか無く断念。

そうと決まればまずは内装剥がし。
シートを取り外しカーペットをめくる。
_MG_7562.jpg

前回確認したとおりリバース線は接続されていなかった。
_MG_7559.jpg

センターコンソール
_MG_7563.jpg

道糸代わりに緑の針金を利用し室内からグロメットを通す。
遮熱板の裏から出てきた針金。
_MG_7566.jpg

道糸に配線をくくりつけ配線を通す。
片方はバックランプにもう片方はカーナビのリバース配線に接続。
そして動作チェックだ。

通常画面
_MG_7570.jpg

バックに入れた時
_MG_7571.jpg

当たり前だが見事成功。
正常動作が確認出来たので外した物を元に戻し完成。
これでバックカメラを購入し接続すればカメラで後ろが見える。
カメラを買うのは少し先だが準備完了だ。
もちろん、カメラの配線用の道糸用の針金も通してありぬかりなし。

暑い最中、汗をぬぐいながらの作業だったが無事終了である。



スポンサーサイト
2011-08-01 : CarAudio : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まっぴ~

  • Author:まっぴ~
  • ■愛車:MR2 GT
    ■趣味:飲酒・PC
    ■性格:こだわり派
    ■住所:福岡県
    ■一言:やっぱMR2はⅠ型でしょ!

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。